和風モダンを店舗装飾へ~ちょうちん造形サイン~

蓮の灯り和のイメージを表現する新しいカタチ。
「ちょうちん造形サイン」のサイトへようこそ。
サイト製作作業の関係上、掲載内容の不足している部分もございます。ご了承ください。
サイト内容、製作例、サンプルなどは随時追加しています。

オーダーメイド和風看板の製作も承っています。お気軽にお問い合わせください。

ちょうちん造形サインは、和紙や竹ひご、針金などといった伝統的な雰囲気を再現する屋外用和風看板の新商材です。日本らしい雰囲気を従来にはない素材と表現で実現しています。

木や竹、針金などを使って形状を作り、表面に和紙や布などを貼り付けて製作する手法は、日本でも古くから活用されてきました。提灯や行灯、ぼんぼりといった日常の灯りから、ねぶたなどのような大きなものまで作られてきました。

また提灯や行灯はもちろんのこと、日常空間ではふすまなど、日本では「膜を通じたやわらかい光」が好まれてきました。目にまぶしい直接的な光ではなく、月あかりのようなおぼろげで間接的な灯りが、親しまれてきました。

日本の工業化、経済発展にともない、西洋より導入されたサイン看板はネオンサインのように「より目立つ」ことを主眼としてきました。
近年多く見られます店舗全体で雰囲気を演出する「看板の無い店舗」、店舗オーナーの看板屋離れは、従来のサイン看板に対するひとつの反発だと考えています。

懐かしいようで新しい。ちょうちん造形サインを是非ご検討ください。

和の雰囲気を実現するツールとして完全屋外常設用の提灯もございます。
詳細は http://www.okugai-chochin.com をご覧ください。
その他、当サイトに掲載されていない作品例などは弊社サイト(ちょうちん造形ドットコムhttp://www.chochin-zoukei.com)をご覧ください。